子育て世代の車選び

4人家族におすすめの車とは?

家族が4人ぐらいですと、車選びにも迷うものです。
乗用車だと5人〜7人乗りの車が販売されていますが、税金が高かったり、維持費が高かったりします。
また、駐車場なども広め出ないと不安という人もいるでしょう。

 

では軽自動車では狭いしパワーがないなどといった不満を感じることもあるでしょう。
では4人家族だとどのような車がいいのか、それはダイハツから販売されている軽自動車、アトレーワゴンです。
アトレーワゴンは4人乗りなのですが、荷台の部分が広々としているので、4人乗ってさらに荷物も積むことができます。

 

また居住空間も大変広く感じるので、たとえば4人家族で前座席に大人二人、後部座席に子供二人が乗っても狭いと感じることが少ない車なのでおすすめです。
さらにこのアトレーワゴンの良いところはシートのカラーがベージュなので、ダーク系シートの車に比べて、車内がとてもあかるいのでさらに広く感じられるところです。
そしてこのベージュのシートは車内の雰囲気を明るくしてくれるので、ドライブを楽しむことができますよ。

 

またターボも付いているので、坂道や高速も楽々走れます。人も乗れて荷物も積める。家族でドライブやアウトドアを楽しめるおすすめの車です。
ということで車売るならこちらのサイトも参考にしてみてください。→車売る

 

車売る

飛行機での車の引越し

私は、結婚して主人と同居を始めるときに1回目、同居後もっと広い家に住むために2回目、主人の仕事の関係で地方に異動するときに3回目の引越しを経験しました。
その経験の中で、「事前に知っていたら楽だったのに・・・」とか「これは知っていて得したな」と思うことがいくつかありました。
特に、これから初めての引越しをお考えの方にぜひお知らせしたいと思います。

 

まずは、引越し業者さんとの契約です。
事前に業者さんに予約をして見積もりに来てもらうのですが、初めてだと、「とりあえず業者さんに来てもらって色々聞こう」ぐらいの心構えかと思います。
しかし、この見積もり、今後の引越しの日程、料金を大きく左右する重要なものなのです。
私の場合、1回目の引越しのとき、新居に運んでもらうもの、実家に運んでもらうものと、荷物の行き先が2つに分かれていました。実家は車で数十分。
新居は飛行機に乗って行かなければいけない距離でした。
当然、新居に運ぶ荷物の方が、距離が遠く海も渡るので輸送費が格段に高くなります。
そのとき、「日にちは急がなくてもいいので、安くなる方法はないですか?」と主人が業者さんに交渉してくれました。
すると、ある方法を使って費用を安く出来るというのです。
それは、同じ方面へ輸送する他の荷物と一緒に輸送することで輸送コストを安く抑えられるというものでした。
ただ、他の荷物がどんな日程で輸送することになるか、近くなってみないとわからないので、荷物搬入の予定が直前まで立てられないというデメリットがありました。
私の場合は、幸い新居にはもう大体の家電製品がそろっていて、直近で使う化粧品と着る衣類を宅配便で別に送ってしまえば、
こちらから運ぶ家具等は急いで運んでもらわなくてもしばらくは生活できる状態であったのと、しばらくは仕事せずに新生活の環境を整えようと思っていたので、時間的にも余裕がありました。
・・・ということで、交渉したことで費用を数万円は安く抑えることに成功しました。アート引越しセンターさんには頭が上がりません。

 

あと一つ、引越し前の家の様子、家周辺の様子は業者さんが見積もりにきたときにチェックしているので大丈夫ですが、
新しい家の様子、周囲の状況は、引越し業者さんはざっくりしか伝わっていません。こちらとしては、スムーズに引越し作業が進むよう、
新しい家の間取り等は伝えますが、引越し業者さんの目線で見ないと、素人にはわからない問題点もでてきます。
私の場合は、新しい家の前の道路がネックになりました。家の前の道路が車1台無理なく通ることが出来る道路で、なんの疑いもなく
当日を迎えたのですが、実際は家からちょっと離れたところに大型トラック進入禁止の標識があったそうで、
引越し業者さんには最寄のトラックを停車できる場所から台車を何往復も押して荷物を運んでもらうことになり、本当に申し訳なかったです。
新しい家の周辺情報も引越し業者さんともっと打ち合わせしていたら・・・と思いました。

 

これらの私の体験談が一つでも誰かの何かのお役に立てれば幸いです。